2016年11月26日(土)、兵庫県西宮市の関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス生協食堂BIG PAPAにて「ジブン×ミライ デザインセミナー」を開催しました。このイベントは兵庫県、兵庫県青少年本部が主催、全国大学生協連 関西北陸ブロック、学生団体スマセレが協力し、ライフイベントとリスク管理を考え、自分らしい人生の選択ができるようにするために開催されました。当日は10大学から約60名の大学生が参加しました。

記念写真

セミナーの様子

 まず、全国大学生協連関西北陸ブロック学生委員長の神戸大学・清水竜さんが、このイベントの開催趣旨とともに消費者市民社会や人生の中の様々なライフイベントや病気、怪我などリスクを大学生のうちから考えておくことの重要性について説明されました。

 次に、学生団体スマセレ会長、兵庫県立大学の田中喜陽さんが仕事・結婚・子育てについて大学生のうちから考えておくことの重要性を語りました。そのためには、社会の変化を様々な情報の中から取捨選択し知ること、それについて、じっくり考える時間をとって自分で選べるようになること、特に大学生は、ライフプランの実現のためにも、どんな会社が結婚や子育てと両立できるのかなどを考え、信頼できる情報を頼りに企業を選ぶことが大切だと説明されました。

 最後に、住友生命相互会社の西山先生よりライフプランについて説明され、それに基づいて各グループでディスカッションをしながら、ライフイベント表を作成し、それを共有し合いました。その中で、どのようなリスクがあるかということや、それに対する備えについて考えました。
 参加した学生からは「学生同士でなかなかしない話しができてよかった。」という声がありました。

ディスカッションの様子

 私たちの子どもの世代には、さらに今はない仕事やモノが溢れていることだと思います。時代の変化とともに、ニーズやリスクも変化していくと思います。そのときに、臨機応変な対応は必要かもしれませんが、人生の分岐点で長期的な視点とリスク管理を行うことで、自分で自分の人生を選択する、幸せな生き方ができると思います。
 就職はもちろん、人生にはいろいろな選択があります。それには同時にリスクも存在します。人生の分岐点でかしこい選択ができるようなピア・サポートを今後も展開したいと思います。