2015年11月14日(土)、神戸市中央区のHDC神戸 大阪ガスクッキングスクール神戸にて、消費者教育セミナー「エコ・クッキング」を開催しました。このセミナーは、兵庫県と大学生協阪神事業連合(現 大学生協関西北陸事業連合)が主催し、大阪ガス株式会社と全国大学生協連 大阪・兵庫・和歌山ブロック(現 関西北陸ブロック)に協力いただきました。当日は8大学・1高専から20名の学生が参加しました。

自分たちで作った料理を食べる参加者

自分たちで作った料理を食べる参加者

 豊かで環境に優しい食生活を送ることができるように、買い物や調理・食事・片付けという場面において、「エコ・クッキング」という考え方を学び、それを活かして、「かぼちゃのコロッケ」、「シャブシャブ豚肉のアスパラ巻」、「肉団子のスープ」、「炊き込みご飯」、「あん春巻き」、「パンプキンティー」を実際に作りました。それぞれの料理にはエコにできるポイントが隠れていました。

エコ・クッキングについて学ぶ参加者

エコ・クッキングについて学ぶ参加者

役割分担して料理を作りました

役割分担して料理を作りました

 参加の学生からは「今まで食べずに捨ていたものも工夫すれば食べられることが分かった」「日常生活でちょっとしたことで環境に良いことができると分かった」などという感想がありました。

 私たちが毎日,何気なく送っている食生活は身の回りの環境にも影響を与えています。温暖化など地球規模の環境問題の解決には,ひとりひとりの小さな心がけが不可欠です。何気なく送っている食生活を,身の回りの環境への配慮を意識したかしこい食生活に変えていくことがその第一歩になるかもしれません。

 大阪ガス株式会社のみなさま、本当にありがとうございました。