2016年9月25日(日)に神戸市中央区のハーバーランドで、スイング・ジャズ・クルーズ実行委員会と連携し、大学生が消費者ホットライン188を1人でも多くの方に知ってもらうための活動を行いました。当日は3大学から4名の大学生が参加しました。

 188が記載されているハンドタオルと消費者トラブルに巻き込まれないようにするためのポイントが書かれたカードを街頭にて配布し啓発を行いました。

 今までに啓発活動を行ったことがなく、初めての経験だった学生は、「配り始めたときは、なかなか上手に配れませんでした。しかし、時間が経つにつれて徐々にコツを掴む無ことができ、上手に配れるようになりました。受け取って下さった方々からは、タオルは使えるから嬉しいという声をいただきました。また、タオルやカードに書いてある188とはどういうものなのか、学生が何の活動をしているのかというようなことを聞いてくださる方々もいらっしゃいました。受け取ってくださったのは年配の方、子ども、家族連れが多かったです。中には、わざわざこちらに声をかけてくださりハンドタオルをもらいに来てくださる方もいらっしゃいました。」と感想を語ってくれました。

 約900人の方にハンドタオルとカードを配布しました。188 に興味を持ってくださる方がいて私自身も達成感を味わうことが出来ました。振り返ってみると 900人はまだまだほんのわずかな数です。その受け取ってくださった 900人全員が188 に興味をもっていただいたわけではないので、渡した人数に満足してはいけないのだと思いました。

 もっと188を知ってもらうために、より多くの人に受け取ってもらえるようなグッズを配布したいと思いました。グッズに 188 を記載してたくさんの人に知ってもらえるような活動をしていきたいです。この活動を通して特に若い世代の人にもっと188についての興味をもってもらいたいと思いました。くらしのヤングクリエーターらが188 について勉強して詳しくなり、様々な学生を巻き込んで188を広める活動を行うことで、1人でも多くの人の消費者被害を未然に防ぎたいです。

(執筆者:甲南大学 中村柚香)