2016年9月29日(木)、兵庫県姫路市の兵庫県姫路総合庁舎にて「大学生のための自分の人生選択セミナー」を開催しました。このセミナーは、兵庫県青少年本部、大学生協関西北陸事業連合、学生団体スマセレ主催し、学生がこれから働くにあたって、今の主な企業の従業員の現状と対策を例に挙げ、「働き方」について考えるために開催されました。当日は、1大学から6名の学生が参加しました。

セミナーの様子

 はじめに、キャリアデザインを虹に見立てたキャリアレインボーを用いて、人生の七つの役割があるということを説明していただきました。私たちの年齢にあった社会での役割が一目でわかり、そこから、今の自分の社会的な立ち位置がわかるというお話しをしていただきました。
 次に、最終的に目標とするキャリアデザインに近づくためのプロセスを考えることで、長期的なキャリア形成の手助けになるこというお話しをしていただきました。
 さらに、ワークライフバランスについて考えることが重要であると教えていただきました。ワークライフバランスとは、仕事と私生活の両方を充実したものとすることで、双方のさらなる充実を図ることです。労働時間を減らしたのにも関わらず、生産性が向上した企業などの例を挙げながらわかりやすくお話しされていたことが印象的でした。

160929_170302_0022

キャリアデザインについて説明する様子

 参加した学生からは、「自分の置かれている立場で、『仕事』『人間関係』『自己啓発』『社会貢献』を常に念頭に置きながら、私たち個人の納得のいく将来の正解を見つけていくことについて学ぶことができました。」「参加者の中には自分の将来を老後まで想像し、今自分がしなければならないことを実際に考え、実行している方もいました。しかしながら、自分も含め、あと10年、20年先のことを考慮して生活している方は少ないと思います。自分の将来のことなのに、自分が無関心ではその時の環境や時代に流され、その結果、自分が納得できないことになってしまっては遅いと感じました。」などという感想がありました。

 このセミナーに参加したことで、キャリアデザイン、ワークライフバランスといった言葉について具体的なイメージをつかむことができました。さらに、、自分と同年代の人が自分の将来についてどのように感じているのかを直接聞くことがで、このセミナーはこれから就職等をするにあたってとても価値のあるものでした。今私たちが過ごしている日々をこれかの将来ずっと続けることはできないと思います。なぜなら、キャリアレインボーからわかるように、年齢によって社会から要求されることは変わってくるからです。今後は、今できる範囲でするべきことを100%するのはとても難しいことであるとは思いますが、それでもそれが10%、20%でもできれば、少しでも自分の将来に貢献できるのではないかと感じましたため、少しでもできることをやっていきたいと感じています。

セミナーの様子